スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012.01.04 Wednesday | - |


災害時対応まとめ
●iPod/iPhone
・無線LAN 開放情報の入手
 →2011/03/11の場合はFON(Softbank Wi-fiスポット)の無料開放あり(12日終日)
  Wi-fiスポットであれば、スタバ利用可能
  http://mb.softbank.jp/mb/service_area/sws/

●災害用伝言板
・Softbank
 登録:Yahoo!ケータイの「災害用伝言板」メニューから
 確認:http://dengon.softbank.ne.jp/J
 iPhoneアプリ「災害用伝言板」からも登録/確認可能(3G回線のみ)
・docomo
 確認:http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
・au
 確認:http://dengon.ezweb.ne.jp/
・電話
 緊急用ダイヤルで伝言を残す:171+1+電話番号
 緊急用ダイヤルで伝言を再生:171+2+電話番号

●Twitter
・正確な情報入手のため、NHKのアカウント(@nhk_news)をフォロー
・総務省消防庁のアカウント(@FDMA_JAPAN)をフォロー
・拡散の際は非公式RTは使わない
Twitter公式ブログのまとめ
 http://blog.twitter.jp/2011/03/blog-post_12.html

●Google
災害情報まとめサイト
東京都内避難所マップ
 →Googleアカウント持ってる人はGoogleマップのマイマップにて共有可能

Evernote
・必要な情報アップしておく
・ネット環境があればどこからでも取り出せる
・2011/03/12現在は1ヶ月間無料でプレミアムへアップグレード可能

●必要なもの
・食料
・スニーカー
・電池(エネループ充電しておく、念のため充電器も)
・携帯ラジオ
・マスク、手袋、タオル、帽子、他防寒グッズ
・サランラップ(水がなくなった場合、お皿に巻いて利用する)


〜随時、更新予定〜


| 2011.03.12 Saturday | 災害対応 |


徒歩帰宅
みなさん、地震の影響等大丈夫でしょうか?
会社にいて、震度5強の地震に見舞われました。
初めて地震で怖いと感じました。
デスクの下に隠れても全然、地震が止むことなくて
むしろどんどん強くなって、キャビネはガタガタうごくし
引き出しはバンバン開くし・・・本当に怖かった。

地震発生と同時に交通機関はすべてストップ。
父親が近くで働いていたので、なんとか連絡取って徒歩で帰宅することに。
会社からウチまでGoogleマップでルート検索すると約13km
大体3時間くらいの道のりだなぁ…と。

普段からウォーキングで10km前後歩いていたから
無理ではない距離。
ただ、家までの帰路には川が3本あるため橋が大丈夫か心配だったので
出発前にツイッターでリアルタイム検索。
混雑はしてるけどすべて橋は渡れるとのこと。

出発したのは19:00
まずは隅田川を渡るために両国方面へ
江戸通りから靖国通りにかけて、徒歩移動している人がたくさん
途中、歩道から車道へ迂回させている部分があったりして
なんでだろ?と思ったら、ビルの窓ガラスが落ちてきていたみたい。
そういうリスクもあるか…と思って前進。
わりとハザードマップや印刷したと思われる地図を片手に歩いている人を沢山見かけた。

無事に両国橋を渡り、隅田川を超えて両国入り。
この時点で19:20頃。
父親に付いていって、なるべく人の少ない裏道を通っていたため順調そのもの。
その後はずっと川沿いを歩いていたため、水辺の風が強いし寒いしで辛かった…
ひたすら墨堤通りを通って、浅草付近を通過したのが19:50頃。
寒さのため、そのあたりで公衆トイレに寄ったんだけど
紙が備え付けられてない!ポケットティッシュってこういうときに大事なんだな〜
持ってて良かった…。

その後、向島あたりへ入って国道6号をずんずんと進み
東向島の明治通りと交差するあたりで休憩を兼ねて食事をとった
足早にたくさんの人が歩いていたけど、かなり空いていたイタリアンレストランに入店
ゆったりパスタを食べて、暖かいものも飲んで休んで再スタート
この時が21:00頃だったかな。

しばらくは迂回路もなくてひたすら国道6号を進み
たくさんの人と共に四ツ木橋を渡る。
荒川を超えたら、もう葛飾区。ここまでくればゴールも近い。
ここで21:25頃。
ただ、暗いながらも荒川に目を向けると結構水位が上がっていて
こんなところでまた大きな地震があったら助からないかもな…と思ったね。

四つ木に入ってからは、親水公園沿いをまっすぐ歩き、
京成線のお花茶屋駅を通過したのが21:45頃。
さらに亀有方面へ向かって歩いて行って、環七に出たのが22:10頃。
亀有アリオ横の橋を渡って中川を超えてラストスパート。
その頃にはさすがに足にも痛みが出てて、力を振り絞って家に着いたのが22:40頃

途中休憩した時間差し引いて、やっぱり予想通りの3時間だったなぁ。
結構早足で、人の少ない道を選んでこの位で済んだから
もし一人で人気のある明るい道を選んで歩いていたら、もっと時間かかってただろうな。
道も正確にわかっていたわけじゃないし。

とにかく、こういう経験は1度しておいて良かったと思う。
いざとなったら会社から自宅までは歩いて帰れるわけだし。
どこに注意して歩くべきかもよくわかった。

荷物は少ないほうがいいと思ったけど、念のため会社からストールを持ってきて良かった。
会社の社内履きを履いてきて良かった。ヒールじゃ絶対無理だよ。
そろそろ暖かくなってきたから手袋を置いていこうと思ってたけど
かばんに入れっぱなしにしておいて良かった。
トイレは案外空いている。コンビニもあちこちにある。
水は自販機が使える限りは持ち歩かなくても必要なときに買うことが出来る。

他に気づいたことは、念のため開放される可能性が高い
学校がある道を覚えておくといいかもしれない。
さっきも書いたとおり、ポケットティッシュは必須アイテム。
上から物が落ちてくることを考えて、ヘルメットなど防御できるものがあると尚良い。

歩いていた中で、ブロック塀が崩れていたり
壁面が崩れていたり、ビルの根元がボロボロになってたり、色んな様子を見た。
徒歩で歩いて帰る際も、注意は本当に必要だと思ったよ。
こういうことがまた起こらないことが一番だけど、
やっぱり備えって必要なんだと思う。
良い経験したと思うよ。今回のことで。
防災意識、ちゃんと持とう…そう思います。
| 2011.03.12 Saturday | 災害対応 |